結婚後の家事の分担の割合は変化するのか

アイロン

結婚はゴールではなくて、人生の新しいスタートです。交際期間が長く、同棲して一緒に生活をしていても、実際に結婚して夫婦になってからではないと見えない相手の一面というものもあります。

結婚してから変化する要素の一つに、家事の分担の割合があります。共働きの場合でも、どちらかが家庭に入って家事に専念する場合でも、一体どちらがどれくらい分担するのかは納得いくまで話し合って決めておくといいでしょう。専業主婦が家事のすべてを分担するべきだという考えのパートナーだと、妻の価値観によっては結婚後揉めることがあるかもしれません。伝統的な性別による役割分担を重んじる男性の場合は、同棲中は平等に分担していても、正式に夫婦になってからはたとえ共働き状態であっても、妻の方に洗濯や料理などを中心にやってもらいたいと考える人がいます。

役割分担についてきちんと向き合わずに、なあなあのままにして過ごしていると、夫婦のどちらかが鬱憤を積もらせることにもなりかねません。