結婚して子供が生まれると現れる夫婦の変化

子育て

男女とも結婚をすると、何らかの変化が現れます。特に子供が生まれるとその傾向は顕著になります。まず、一番わかりやすいのが、双方の呼び方が変わります。夫は妻を「ママ」「お父さん」と呼び、妻は夫を「パパ」「お母さん」と呼びます。女性の中には、今までどおり名前で呼んで欲しいという人も少なくありませんが、これも本当の意味で家族になった証と考えるべきでしょう。

精神的な面でいうと、夫は家庭の大黒柱として、今まで以上に責任のある行動が求められます。それは、家庭に限らず、職場においても結婚をすれば、家族を生活させなければならないのですから、身勝手な行動は許されないのです。逆に言えば、結婚をしても何も変わらない男性の方が少し心配だと言えます。

一方、女性はと言うと、一般的には子供を産む自覚が芽生えますから、精神的に強くなる事が多いようです。結婚するまでは、あまり人前で話さなかった女性が急に学校の役員に立候補する事はよくある事です。

つまり、男性も女性も家族に対して、それぞれの役割を果たそうと一生懸命になる事が良い変化であり、結婚することの大きな意義なのです。