恋人と結婚して変化することは

恋人

恋人だった人と結婚をするときに、変化をする人も中にはいます。例えば、付き合っているときは優しかった男性が、結婚をした途端に暴力を振るうといったことが考えられます。

このような変化は、突然起こるわけではなく、実は付き合っているときにすでに前兆が出ています。それを感じ取るようにすることが大事です。

暴力をする性格でなかった人が突然暴力的になる事はなく、もともと暴力的だった人が付き合っているときにはその性格を隠し、結婚をしてから前面に出すことがあります。これを結婚前に確認することは可能です。例えばDVで問題になる男性は、結婚前からものに対する扱い方が乱暴なことが多いです。

基本的に人間に対する扱い方とものに対する扱い方は同じと思って良いでしょう。もし、婚姻前からものに対して八つ当たりをしたり、雑の扱い方をしているようであれば将来的にDVになる可能性が高くなります。そのような相手とは、一度同棲して問題なければ婚姻しましょう。